« 2.5インチHDが・・・ | トップページ | M-Benz Mixed Tape18 »

2007年7月 5日 (木)

アルヴァロ・シザの建築

午前中むりやり時間を作って乃木坂へ。
ギャラリー間で開催中の「   アルヴァロ・シザの建築」
を見てきた。
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex070602/index.htm

やっぱりいいなぁ、シザ。
改めてプランを眺めていて気がついたのは、
彼の建築は基本的に壁構造であるということ。
たまに空間のなかに円柱がでてくるが、
それも広い空間でスパンを飛ばす必要がある場合にのみ出現する。
あくまでも鉛直荷重を受けるのみのようだ。

そしてスケッチがすばらしい。
CGも検討に使っていたが、あくまでもラインパースに影を検証しただけで、
それに手書きのスケッチによる指示が書き込まれている。
最近、CGによる作り込み系の形態確認をしていたが、
再考の余地有りと思った次第。

その後、てくてく六本木まで歩いていたら、モリハナエさんに遭遇。
ミッドタウンで「LOVE DESIGN PRODUCT」をやっていたが、
時間も無かったし、つまらなそうなのでスルー。(笑)

そして久しぶりに六本木の一蘭でラーメン。
味、サービスともにちょっと落ちてきた感あり。

|

« 2.5インチHDが・・・ | トップページ | M-Benz Mixed Tape18 »

コメント

ところで山本さんは、どの作品が一番印象に残ってますか。
ちなみにぼくは、アヴェイロ大学の給水塔です。

投稿: batapapa | 2007年7月11日 (水) 00時31分

給水塔は確かに強烈ですよね。日本では絶対に出来なそう。
というか、どのプランも日本では難しいとは思います。
雨じまいしかり、構造しかり。

個人的にはシザといえば思い浮かぶのは、
マルコ・デ・カナヴェーゼスの教会でしょうか。
プリミティブだし、空間のプロポーションが絶妙だな〜と。

投稿: 山本 | 2007年7月11日 (水) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2.5インチHDが・・・ | トップページ | M-Benz Mixed Tape18 »